コンサルティング

意識改革

 

・人の歯が痛くなるのを待っていては経営は成り立ちません。

・歯が痛くない人にも来院してもらわないと利益はでません。

・自費治療で一人の単価を上げるだけでなく、稼働率を上げることが重要です。

・院長とスタッフの全従業員が営業マンであるという意識が必要です。

・歯科医院の売上は院長だけでなくチームワークにかかっています。

 

 

◆売上を伸ばすには、リアルマーケティングとネットマーケティングの融合が重要です。

 

リアルマーケティング

 

看板や医院の建物、チラシや広告、スタッフの接客対応など、直接的に来院を促す手法です。

なんといってもお子さんからお年寄りまで、すべての方が実際に目で見たり感じたりするものです。

いくらネットが普及してもやはり普遍的に重要なのはリアルな集客活動です。

どのようにすれば集客の増加を図れるかを一緒に考えていきます。

 

 

 

ネットマーケティング

 

競争が激しい歯科医院の業界でもホーム―ページの開設率は2割未満です。

最近の動向として新規で歯科医院を訪れる際に患者さんはヤフーなど検索エンジンで歯科医院を探します。

そして自宅や勤務先の近くで、かつ信頼のおけそうな歯科医院をホーム―ページで確認して来院します。

よって、新患を増やすにはネットの対策は不可欠です。

また、ネット上で院長先生をブランディングすることも重要です。

いかに院長先生が、素晴らしい歯科医師であるかをお客様に魅せるわけです。

 

ネットマーケティングには次のようなものがありますが、どのようにネットで集客するかを一緒に考えていきます。

・ホームページ

・歯科医師によるブログ

・facebook、LinkedInなどのSNS

・メールマガジン

・口コミサイト

・YouTubeなどの動画投稿サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>